持久力と回復力を高めたい。30代のトレーニング方法と効果的な成分とは?

ターザン掲載の【クレアチン】が細マッチョへの最短距離!

長距離走で持久力と回復力つけたい。クレアチンの魔法の効果とは?

私はマラソンや長距離走のときは、
いつもクラスの中で最下位の方でした・・・
短距離は早いけど、持久力と回復力がない体質です。


中学になってから、サッカー部に入り厳しい練習をしたせいか、
高校になってからは、持久走でも少しは速くなれました。


それでも他人よりは持久力が劣ります。
ドラッグストアーなどでスポーツ系のサプリを試してみたのですが
全く効果を実感できませんでした。


そんな私がいろいろと調べた結果、
あるトレーニング方法が分かったのです。


それは、バスケットボール選手がやっているトレーニング方法。
持久力と回復力を付けるためには、
プロレスラーのような太い筋肉は不要です。


持久力と回復力の向上を目指すには、
重い100kgの物を持ち上げる筋肉より
10㎏の物を100回早く運べる筋肉が必要です。


重要なのは腹筋のトレーニング。
身体が安定してブレないようにするために、
腹筋のトレーニングは1番大切なことです。


腹筋のトレーニングをすることで、
体の中心にバランスをもたらすことができます。
それに腹筋は、体の中では大きな筋肉。鍛え方も重要です。


鍛え方は、骨盤と肋骨を合わせるようにして動かすこと。
ひざは直角の状態にして、
太ももを床に垂直になるように持ち上げてください。


上半身はわずかに動くような感じ。
3秒周期でくっつけて、戻してを繰り返すことで
効果的な腹筋のトレーニングができます。


つまり、腰に負担がかからずに腹筋を鍛えることができます。


他にも、私がいろいろと調べた結果、
持久力や回復力がない人は、
クレアチンというものが必要という事がわかりました。

ダルビッシュ有も飲んでるらしい。


クレアチンというのはざっくり説明すると
持久力や回復力を高めてくれる、人間の体の中にもともとある物質で
筋肉の疲れをとるために重要だそうです。


若いころには、自分の体の中でたくさん生成されるけど、
年齢を重ねるごとに体の中で作られる量が減っていくそうです。


そして、このクレアチンを効果的に摂取するため
話題のサプリメントを発見しました。


クレアチンを身体の中に作るには、
HMBとイミダ15という成分もバランスよく摂る事が重要です。


このHMBとイミダ15を
バランスよく摂取できると話題になっているのが
ディープチェンジクレアチンという筋肉サプリメントです。


このディープチェンジクレアチンを販売している会社は
日本では効果でなかなか手が出せない高品質の成分を
安く手に入れられるように通販限定で販売しています。


そのため市販の薬局やドラッグストアでは手に入らない為、
気になる方は下記の公式サイトをチェックしてみてください。
↓↓


私は35歳で毎日ランニングをしていますが
体が次第に軽くなって、早く走れるようになりました。